PS4やVitaでPS3のゲームが出来るPSNowを体験した。

どうも。ここの所、PSPlusの月500円だけしかゲームに対して出費しない乞食ゲーマーと化しているし、その上本当はPSPlusの利用権も安い時に買って月300円しか払っていないさばです。

そんなフリープレイにおんぶにだっこな僕も、PS3時代はそこそこゲームを買っていたのですが、最近はPS4が出たり、PS3が謎の唸りを上げてうるさかったりするので、PS3の電源ケーブルは抜きっぱなしになっています。
しかし、近々PS4やPSVitaでPS3のゲームをプレイできるサービスが出るとのこと。名前はPSNow。
PSNowという名前をぱっと見てもどんなサービスか全くわかりません。わからないのでこの記事のタイトルも長ったらしくなってしまったりします。
どういう仕組みなのかというと、サーバーでPS3のゲームを動かして、映像だけストリーミングで手元に届くよう。
そんなやり方で遅延は大丈夫なのだろうかと気になるので、一応βテストに申し込んでおいたら、見事に当選したので遊んでみました。

βテストで遊べるゲームは「アンチャーテッド エルドラドの秘宝」「パペッティア」「The Last Guy」「ICO」「TOKYO JUNGLE」の5つ。
β版でもトロフィーが取れるらしいのですが、自分は全て遊んでいるので、とりあえず一番動きの激しいアンチャーテッドと、一番動きの少ないThe Last Guyを遊んでみました。

まずはPS4とVitaそれぞれでアプリをダウンロード。アプリ内からゲームをレンタル(βテストだけか?)し、遊ぶことになります。ゲームのダウンロードは、必要最小限のデータだけで済むので、起動も含めて1分前後で済みます。
PS4でゲームを起動してみると、結構軽快な動作で、PS3でプレイしているのと変わらない操作感覚。ただ、画質はどうしても落ちていて、ブロックノイズも多め。超高画質でPS3のゲームを体験というコンセプトではないので当然ではあります。
アンチャーテッドはTPS要素があるゲームですが、エイム動作をしていると、操作の僅かな遅延が少し気になるようなそうでもないような。気づかない人は気づかないけど、所謂ガチ勢の方たちはストレスが溜まるであろうレベルの遅延がそこにはあります。格ゲーやシューターには向いていないかもしれないですね。

次にVitaでアンチャーテッド。
思ったより普通にプレイ出来ますが、物理ボタンがないので画面タッチを駆使しながらのプレイに。画質はvitaで見ると、密度の関係もあってかなかなか綺麗に感じます。ただし、無線接続で回線的に不利なのか、我が家の回線がポンコツなのもあってエイム用のサイトが瞬間移動したり、エラーで落ちる事が何度か。
Wi-Fiでこれはちょっときついですね。テザリングでやろうなどと考えてはいけません。

続いてVitaでThe Last Guy
カメラの動きがかなり少ないので映像のサイズも小さくて済むのか、全く落ちたり飛んだりせず、もともとVita用のソフトだったかのように遊べます。
RLの2~3ボタンを使わないおとなし目のゲームならVitaでも普通に楽しめそうですね。

実際のサービスが開始されると月2000円程度で候補のゲームが遊び放題というサービスになるようですが、個人的には遊びたいコンテンツが溜まった時にポイントポイントで加入する以外の使い方はしないかなという感じ。
回線が強くなったらまた考えます!
暫くは新作ゲームとPSPlusフリープレイに頼る生活が続きそうです。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP