2013年の高精細2Dアクション、ドラゴンズクラウンで遊んだ

クリアしました。

トロフィー獲得についての記事はこちら

初期に情報が公開となり、プレイアブルキャラクターのビジュアルと大まかなシステムが公開された時点で購入を決めたドラゴンズクラウン。ようやく全難易度を攻略しました。
このゲームは2Dのベルトスクロールアクション(くにおくんシリーズのような)。しかし、ドット絵ではなく、普通の絵のクオリティでキャラが躍動する恐ろしいゲームです。このゲームの売りの1つが最高の2Dグラフィックだそうで、3D全盛の現在で2Dグラフィックの向上に走ったゲームという時点で応援せざるを得ない。
1枚絵から背景までよく描き込まれていて良いのですが、なんといってもアマゾン。アマゾンに一目惚れしてこのゲームを買ったと言っても過言ではない。筋肉質女キャラ最高だし腹筋が割れているのも尚良し。これが動かせるっていうんだからやるしかないでしょ。

と、いうことでプレイを始めたわけですが、ゲームの方もやはり面白い。ファミコンで育った人間に2Dアクションは麻薬なのです。ダンジョンを巡り、古のドラゴンを屠り女神を蘇らせるのだというお話もわかりやすくて良いし、それだけではなく、ダンジョン攻略中にギルドからの依頼をこなすこともできる。依頼をこなして貯まったスキルポイントを振り分けることで、キャラクターに新たなスキルを身につけさせることができるのですが、そうやって育てていくと戦術の幅も増え、どんどん自分の手に馴染んだキャラクターになっていく。

マルチプレイは、オンラインでもオフラインでも最大4人まで同時に遊べるし、オンラインプレイが出来るようになるまでの間や、環境がない間は、ダンジョンに転がっている遺骨を拾ってきて、協会で復活させることでNPCとして共に冒険ができる。なんなら自分で同時にコントローラーを2,3個持って操作しても良い。がんばろう。
友達がいるか、オンライン環境があるなら、1周目をクリア後に出現する闘技場でプレイヤー同士で戦うことも可能。いないなら左手と右手でじゃんけんをするような行為も可能。

自分はアマゾン一筋でやっていたものの、全部で6種族がプレイ可能で、それぞれ特徴的なプレイが出来る(見た感じ)ので遠距離から弓で殺りたいとか、俺は魔法がいいんだとかいう需要も満たせるので、アマゾンでなくとも、楽しめます。ソーサレス揺れるし。

公式でも『よくわかるドラゴンズクラウン』というコーナーが用意されているようなので一度見に行って見るのも良いのでは。
友だちがいるみんなもいないみんなもドラゴンズクラウンで遊ぼう!


  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP