【しいたけ】初めて相撲を見に行ったら大満足した。【マカロン】

23日土曜日、1月以上前に取っておいたチケットを握りしめ、初めての相撲を見に福岡国際センターへ行った。博多駅からバスで向かおうと思っても、土地勘がないのでどのバスに乗れば良いのか全くわからなかったが、ちょうどお相撲さんがバスに乗る所だったので、ストーキングして辿り着いた。IMGP1360
櫓が組まれていたり、提灯が下がっていたりと、入場前からなかなか雰囲気がある。
入場すると、そこは親方天国。チケットのもぎりから、列整理、警備まで、全て親方だし、そこら中に親方がいる。運営は主に親方、行司、呼び出しで行うとは聞いていたけれど、こんなに多いなんて。
ちょうど、行われていた、元魁皇の浅香山親方からカレンダーが貰えるイベントに並んで。握手とカレンダーをゲット。めっちゃ手がでかいし、自分の倍くらい厚く感じた。これがスモウレスラーの掌か。

IMGP1369
会場全体が見渡せる席(最後列)だ!でも思っていたより遠く感じない。取り組みによっては3,40m離れた席までも力士のぶつかり合う音が聞こえてきて臨場感が凄い。客の盛り上がりも文字通り肌で感じられる。サッカーとは少し違った形で高まるぞ。

IMGP1395IMGP1467
テレビで見ている時は、正直なところ退屈だと思っていた土俵入りも、実際に見るとどこか緊張感すらあって良いものだった。

この日の取り組みはなんといっても結び前の一番、白鵬-稀勢の里。前日の13日目に白鵬と共に全勝だった横綱の日馬富士を大関稀勢の里が破り、優勝争いに星一つの差がついたことや、稀勢の里が日馬富士に続き、白鵬を破り、千秋楽でも勝てば、二横綱を破っての13勝となり、来年初場所の成績次第で横綱昇進もあり得るとあって、注目度は凄いもの。
二人が土俵上に上がった瞬間から観客の熱も更に高まり、時間前の仕切りでも、皆で緊張と興奮を共有しているような感覚。土俵上の緊張感も凄まじいものがあり、先場所の松鳳山-高安のような、相対しての睨み合いが二度ほど。二度目には体感で20秒ほどあり、時間前に立つのではないかという雰囲気もあり、目が離せない仕切り。もうこれだけでお腹いっぱいになりそうだった。
IMGP1427
相撲自体も、寄っていった稀勢の里が投げの打ち合いを制し、上手投げで勝利。熱い。何十回と見たけど、やっぱり下手投げと上手投げでは上手投げが強かったんだ。これで両横綱が13勝1敗となり、直接対決を制したほうが優勝という状況になり、明日に向けてもとても楽しみの残る結果に。
でも取り組み後に向正面升席の人が万歳を煽ってみんな万歳してたのはちょっとなんだかなという感じがした。

天神へ向けて歩く間、今日は福岡に泊まること、当日券をゲットして明日も見るのだということを決意し、その後『夢と狂気の王国』を見た

翌日、当日券の販売開始1時間前の朝7時から寒さに震えながら並び、当日券を2000円(安い!)で手に入れた。前には50人ほど並んでいたが、実際は8時丁度に来ても買えたようで、震え損だったし、風邪をを引いた。

この日は千秋楽ということで、普段と違うものが見られた。例えば三役揃い踏み。
IMGP1501
例えばポールマッカートニーの懸賞。
IMGP1508
と言っても、これは13日目と、今回限りで、今後出ることはないだろうが。「ポールマッカートニー、NEW 発売中」と5回もアナウンスがあり、13日目で初めて出た時にたいへん話題になったので、出てきた瞬間に観客が沸いていた。

この日はやはり千秋楽。白鵬-日馬富士の相星対決。立ち合いで当たって素早く左上手を取った日馬富士が投げに行ってそのまま寄っていき、白鵬が俵の上で堪えたかに見えたものの、白鵬の踵が出ており日馬富士の勝利、そして優勝。
白鵬が堪えた瞬間に気持ちが非常に盛り上がった所で行司が止めに入ったので、ああ、出てたのかとちょっと消化不良ではあった。それでもこの日の相撲も楽しかった。

千秋楽ではここからが普段と大きく違います。国歌斉唱、表彰インタビュー、神送りの儀など。大相撲の国歌斉唱は本当にお客さんもみんなが歌う。ここまでみんなが歌うスポーツイベントは他にないのではないだろうか。土俵を見下ろしながら歌う君が代はどこか気持ちよかった。
そして表彰。表彰式といえばやはり天皇賜杯。
IMGP1513
UEFAチャンピオンズリーグのビッグイヤーに似ているといつも思う。
そしてネタ副賞。
IMGP1524
巨大マカロン!日仏友好杯の副賞として駐日大使から日馬富士に贈られました。
IMGP1532
しいたけ!大分県椎茸農協賞の副賞です。生で乾燥椎茸を見たぞ。テレビ中継では、放送時間内に映るかどうかの瀬戸際に出てきて、大抵はしいたけを楽しみにしていた視聴者をNHKが裏切る。

そして神送りの儀。名前の通り、神様を送り出すらしい。
IMGP1546
立行司木村庄之助が胴上げされる。
そして写真がうまく撮れなかった優勝パレードで全てが終わり。

本当に楽しかった。来年もまた来たいし、国技館で観戦してみたいし、升席に座ってみたい。初観戦が14日目という本当に当たりの日だったので、また相撲を見に行かないと気が済まないような状態に陥ってしまった。
ただひとつ今回残念だったことは、一番の贔屓力士の安美錦が連敗したことかな…(写真に悪意はありません)
IMGP1495

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP