助けて!糸くずがなくならないの!!

今年の夏から学生以来の一人暮らしを始めた。
引っ越す前に母が「これを持っていけ」と、買ってきて1度洗ったタオルたちを段ボールに詰めてくれたのだが、これがこの話の全ての始まりだった。

引っ越しの翌日、洗顔の後に不思議な違和感があった。化粧水を塗っていると手に糸がついてくるのだ。
手元にあった鏡を見ると、顔全体がピンクに染まっていた。全てタオルから抜け落ちた繊維である。慌てて顔を洗い直し、違うタオルで拭くと、今度は顔が青くなる。地獄か。

実家から持ってきたのはバスタオル含めすべて同じシリーズのタオルなので、顔面は拭くのを諦め3度目の洗いの後自然乾燥させた。その後、引っ越しで余ったガムテープでタオルの糸を取り除くことにした。
が、無限に出てくる繊維の前にガムテープは一瞬で粘着力を失い、テープをちぎって捨てる度に気力も消えていった…
結局2、3回連続でタオルだけ洗濯して、相変わらず繊維は付きまくるものの、顔が染まることはなくなったので、新しくタオルを買い足すまで耐えることにした。

だが、その後も悲劇は続いた。
洗濯をすればタオルから出た繊維が糸埃となって他の洗濯物にまとわりつき、顔を拭けば外出前に濡れた手で埃を取らざるを得ない顔面になる。日中も顔が痒いし、筒の外側に粘着シートが巻かれていてコロコロすることでゴミを取ることができるアレ(名前なんていうの)がないと服も着られない有様だ。

ついに、このままではノイローゼになる!と例のタオルシリーズを捨てた。残ったタオルは少なかったが、ここからまた買い足せば幸せに暮らしていけると思った。
だが、運命は僕を逃さなかった。
既に埃は他のタオルや服に移っており、またそこから次の洗濯物へ転移していくのだ。さながら輪廻転生である。洗濯ネットを使えばある程度改善されるものの、ネットの内外それぞれでまた輪廻が始まる…もぅマヂ無理。。。解脱しょ。。。

そんなある日、100円ショップで最高のアイテムに出会う。DSC02559
これだ。洗濯するときに一緒に入れておくだけで埃を絡め取ってくれる最高のアイテム!しかも3個セットだ!
かなり荒いスポンジ状になっていて、とてもよく埃が取れそうだ。案外世の中には同じ悩みを抱えている人も多いのかもしれない。

買ってから洗濯するのが楽しみで仕方なく、遠足前の小学生のように心が弾んでいたが、それも洗濯機の蓋を開けるまでだった。
取れないじゃん!埃!
全く埃が付かないわけじゃなくて、5個くらい付いているのがかえって切ないよ。

そういうわけで未だにコロコロが手放せないんですが、誰か最高の脱埃ソリューション、またはコロコロの替えコロコロ(マジで名前何なの)を提供してください…

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

有孔ボードで工具を見せる収納に挑戦(レイアウトの敗北編)
御柱とメキシコのおじさん
noimage
群馬の氷上でワカサギを釣る真似事をする。
一人暮らしだけど食器洗浄機を買った。
noimage
noimage
バーチャルライバーのリアルイベントに行った(月ノ美兎の朝まで起立しナイト(仮)レポ)
noimage
由来不明の奇祭、ケベス祭で焼かれてきた。
noimage
都市の本当の隠れ家はお坊さんがやっているお寺のカフェだ。
noimage
noimage
部屋の中で漕げる自転車を買った。

Menu

HOME

TOP